そばの成分

タンパク質・糖質・脂質・鉄・カルシウム・ナトリウム・マンガン・
ルチン・ナイアシン・ビタミンB1.B2・ビタミンAなど
ただ一つビタミンCだけは含まれていません。

そばと薬味の相性いろいろ

そばにあう薬味には『ネギ』『七味唐辛子』『わさび』『だいこん』『ゆず』などが代表的な薬味として知られています。
そば成分の吸収を助けたり、足りない物を補ったりしている物が薬味です。

『ネギ』

ネギにはアイリンと言う、ビタミンB1の吸収を助け、その効果を高める成分が含まれていてそばに含まれるビタミンB1を無駄なく吸収させています。

『七味唐辛子』
七味唐辛子にはふつう唐辛子、山椒の実、陳皮、ゴマ、紫蘇の実、けしの実、青のりの7つの材料が混ぜ合わされています。一番多く含まれている唐辛子にはビタミンAが多く、決行を良くし、体を温める効果を持っています。

『わさび』
そばに付き物のわさびは強い殺菌力があることはよく知られていいるところですが、ビタミンB2の吸収を助ける働きもあります。

『だいこん』
さっぱりした口当たりが食欲を増進さ、せだいこんに含まれているジアスターゼが消化を助けます。

『ゆず』
香りの良さだけではなく、ビタミンCを豊富に含みそばに不足している栄養を補います。

ご注意
そば処『おっこと亭』では、
『ネギ』『七味唐辛子』『わさび』のみご用意しております。

そばの効用

そばは栄養的にも優れた食品です。タンパク質が多く、アミノ酸のリジンも豊富に含まれていて毛細血管の抵抗力を強くし、また、高血圧症による脳出血などを予防するルチンの含有量も多く、優れた健康食品と言えます。
食後に飲むそば湯の中にはこのルチンが相当量溶け出していますので、ぜひ最後まで召し上がっていただくことをお薦めします。

知恵袋

「そば」の成分を調べてみると大部分が、「でんぷん」質であるが、米や小麦に比べて栄養上有用なタンパク質が多いことである。またビタミンB類も多いし血管の老化現象を予防する効果のある「ルチン」も含まれ、しかも「でんぷん」質は糊化温度が低く消化されやすい性質のものである。従って「そば」の栄養上、あるいは薬学的効果を最高に期待した食べ物は粉に挽いて「そばがき」にするか、つなぎ(小麦粉)の少ない「日本そば」がよい。
行者とか修剣者と呼ばれる人たちが「そば粉」を携えて、山中の清水でといで食べ、千山万獄を踏破して修行したといわれている。ただし「そば」が食品として優れたものであるといっても他のタンパク質の補給は考えなければならない。
「そば」には「ビタミンB1」の成分が多く、摂取の少ない疲れがちな日本人には「そば粉の多い日本そば」は「ビタミン」のよい補給源になる。
日本最古の医学書「医心方」には「そばは、五臓の汚れたカスを洗い流して、精と神をつなぐ。その葉を煮て野菜として食する事もできる。耳と目の働きを非常によくして、気を下げる」とあります。
また、民間療法として「そばの実を粥状にして食べると血圧を下げ、便秘を直す」「そば粉を酒でといた物を塗ると打ち身に効く」「そば粉を水でといた物を飲むと虫下しになる」などと言われ健康に役立つ物として親しまれていたようです。



Copyright (C) 2008 Okkototei. All Rights Reserved.